太陽光発電システムとは

太陽の光を電気に変える創エネシステムです。
石油や石炭と言った化石燃料を使用せず、かつ日中の電力需要ピークを緩和し、温室効果ガス排出量を削減するクリーンなエネルギーです。
発電電力が消費電力を上回った場合は、余剰電力を電力会社へ売る売電や、蓄電池と組み合わせた蓄エネでご家庭のエネルギーを賢く使う事が出来ます。

太陽光発電のメリット

  • 光熱費の削減
  • 売電制度で余った電気を売る事が出来る
  • 枯渇することの無いエネルギー
  • 災害等で電気がストップしても発電可能
  • 温室効果ガスの排出抑制

太陽光の仕組み

太陽電池を使って発電した電気を、パワーコンディショナにより直流電力から交流電力に変換することで、ご家庭内のさまざまな家電製品で使うことができます。また、発電した電力量がご家庭で消費している電力量を上回った場合は、余剰電力を電力会社に売ることができます。曇りや雨の日、夜間など、発電量が足りない場合は従来通り電力会社から電気が供給されます。売買の切替は自動で効率よく行われますのでご安心ください。

創った電気は、そのまま家庭の電力に

太陽光発電は、太陽電池を用いて、太陽のエネルギーを直接、家庭で使える電気に変換する発電システムです。普段は、スイッチ操作もメンテナンスもほとんど不要。手間をかけずに発電、売電できます。

  • 発電した電力を「使う」「売る」が、光熱費を抑えるポイントです。

いざというときの為の「自立運転」

災害や変電所のトラブル等による突然の停電の際にも、自立して運転し、電力会社からの電力供給に頼らずある程度の電化製品を稼働させる事ができます。
→参考:環境省「太陽光発電の賢い使い方」

ただし、自立運転時に使用できる消費電力は1500Wに限られるため、使える家電の組み合わせには注意が必要です。また、使用できるのは晴天時の昼間等、太陽光発電が可能な時間に限られます。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

調達価格や調達期間は、各電源ごとに、事業が効率的に行われた場合、通常必要となるコストを基礎に適正な利潤などを勘案して定められます。具体的には、中立的な調達価格等算定委員会の意見を尊重し、経済産業大臣が決定します。

太陽光 10kW未満
余剰買取 ダブル発電・余剰買取
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
出力制御対応機器
設置義務なし
出力制御対応機器
設置義務あり
平成29年度 28円 30円 25円 27円
平成30年度 26円 28円
平成31年度 24円 26円 24円 26円
調達期間 10年間 10年間
北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の供給区域において、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。
太陽光 10kW以上 500kW未満
調達価格 14円+税(平成31年度)
調達期間 20年間

お問い合わせ

ご不明な点やご相談等、お気軽にお申し付けください。

Contact Us